ベンゾジアゼピン

スポンサーリンク
産後鬱

産後鬱の治療【その②】

前回のブログでは、薬を拒否し、さらに産後鬱が悪化し、医者に見放されそうになったことを書きました。 そしてここから本格的な産後鬱の治療に入っていきます。 が…まだまだ精神科、精神薬に対して疑心暗鬼なわたし… それでも少し...
産後鬱

産後鬱の治療【その①】

前回のブログで精神科に行き、産後鬱の治療で再び精神薬を飲み始めるまでの過程を書きました。 私は過去に不安障害を患い、精神薬の減薬、断薬を失敗した経験から、薬に対しては最低最悪なイメージしかもっていませんでした。 現に過去に書...
産後鬱

産後鬱を救ってくれた精神科医との出会い

息子を出産して産後鬱を発症した私ですが、ある精神科医との出会いによって早い段階で立ち直りました。 産後のすさまじい環境の変化や体調の変化、睡眠不足で、心身のバランスを崩されているor崩しそうなママって実は凄く多いと思います。 わ...
産後鬱

息子を出産し、産後鬱を発症したお話

こんにちは。お久しぶりです。 2018年の7月に息子が誕生しました。 その後、私は慢性的な睡眠不足による産後鬱を経験し、不安障害だったころよりも辛い経験をし、再度精神薬を服用しました。 しかし出産後半年経過し、薬はほぼほぼ...
減薬・断薬

減薬者必見!ベンゾの力価と半減期をどこよりも分かりやすく説明

抗不安薬、睡眠薬などの精神をリラックスさせるお薬はベンゾジアゼピン系と呼ばれており、その種類は数多く存在します。 種類が沢山存在するのには理由があり、「お薬の強さ=力価」「作用時間=半減期」が異なるためと言われています。 ...
減薬・断薬

ベンゾの減薬を少しだけ楽にする5つのコツ

ベンゾの減薬に関しては、私が減薬をスタートした去年よりも現在はテーパリングが主流になっている印象があり、水溶液減薬を選択される方も多く見受けられるようになりました。 しかしながらそのような安全な減薬を行っても離脱症状が出てしま...
減薬・断薬

ベンゾの遷延性離脱症状になる人とならない人の違いって何?

先日はじめてオンラインカウンセリングを開催したのですが、減薬のご相談の中でみなさんが多く気にされていたのが「遷延性離脱症状」の存在でした。 私自身、急な断薬をしてしまった際に、なかなか治まらない離脱症状を経験したのですが、その...
減薬・断薬

2018年4月からベンゾ長期処方が大幅減額に。規制も厳しくなる?

ベンゾ問題に詳しい方なら、恐らくちらほら聞いたことのあるベンゾの処方規制のお話。 2018年の診療報酬改定に伴い、4月からベンゾを長期処方すると規制がかかる(減点される)ことになりました。 私は既に断薬していますが、服用...
減薬・断薬

レクサプロを飲んだ効果と離脱症状をまとめてみた 

不安障害になった初期は、安定剤のレキソタンと睡眠薬のフルニトラゼパムを服用し治療をしていた私ですが、安定剤や睡眠薬(ベンゾ)を減薬するタイミングで「不安の根本治療をした方が良い」ということで抗うつ剤のSSRIであるレクサプロが処方さ...
減薬・断薬

ベンゾ離脱症状の眩暈に効いた市販薬はパンシロントラベルSP

不安障害の為に飲んでいたベンゾジアゼピンのを急なスピードで断薬し、多くの離脱症状を経験したわたしですが、その中でも急激な身体変化として現れたのが眩暈でした。 急な断薬をした後、しばらくして地震か?と思うくらいの眩暈を経験し、常...
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました