【わたし流】森田療法のあるがままの実践術

不安障害、パニック障害を経験した方だと、一度は耳にする治療法の「森田療法」。

森田療法で有名なのは不安な気持ちや、症状はそのままにしておいて生活をしてくという「あるがまま」精神だと思います。

わたしも森田療法については沢山調べたりしましたが、「いまいちどうやって実践していったら良いのかわからない」「理解が難しい」と混乱したことがあったので、わたし流の「あるがまま」実践術をまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

森田療法とは?

森田療法は、1919年に我が国の精神科医、森田正馬によって創始された神経症に対する精神療法です。森田療法は、対人恐怖や広場恐怖などの恐怖症、強迫神経症、不安神経症(パニック障害、全般性不安障害)、心気症などが主たる治療の対象であり、これまでに高い治療効果をあげてきています。

引用 – mental-health.org

森田療法とは、不安を抱えながらも生活の中で必要なこと(なすべきこと)から行動し、建設的に生きることを教え、実践させる治療方法です。つまり、「あるがまま」という心を育てることによって神経症(不安障害)をのりこえていくことが主眼です。

引用 – mental-health.org

簡単に言うと、

不安は不安でそのままにしたままで、その時の感情や気分にとらわれないよう日常生活を送ることを習得していく。

ということですかね。

これを知って、「あー不安ってコントロールできるんだ。」と拍子抜けしたことを覚えています。

わたし流あるがまま実践術

「あるがまま」とは、「不安な気持ちを排除しようとしないこと」です。
これ、頭ではわかっていても非常に難しい。
なので、もっとシンプルに考えたわたしの方法を書いてみます。

3つの言葉

不安発作が出るたびに、「あっ、受け入れなきゃ」と思っていたのですが、ややこいので、わたしは携帯にこの3つの言葉をメモしていました。

  1. ほっとく
  2. 流す
  3. 諦める

なんとなくシンプルな考え方の方が、頭も混乱しないと思います。
最近は症状も少ないのですが、きたらもっぱら諦めています。

「あるがまま」とか「受け入れ」とかいう言葉は忘れる

私的にはこの言葉が症状を複雑にしている気がします。
生まれてきて、「あるがまま」とか「受け入れ」とか考えた事もないし、使ったこともないんで当たり前ですよね。

これはただの言葉であって、自分なりにもっと分かりやすく解釈していいと思うんです。

私の場合はそれが上の3つの言葉です。

日常生活を楽しむ

これは私自身への戒めでもあります。
上に書いたことすら、「どうでもいいわ」って思うくらい、もっと日常生活を楽しんで送らないなと。

あと、個人的に森田療法には反するのですが、「行動練習」ってあまりにも症状が酷いときは逆に無理にやらなくてもいいのかなーとも思います。
というのも酷い時って無理なんですよね。
逆にトラウマを作るくらいならもっと調子が良くなってから行動してもいいんじゃないかなとか。

その分、できる範囲で日常生活を楽しんだ方が幸せですしね。

わたしを支えた名言達

あるがままに基づく考えで、わたしがグッときた名言を書いてみます。
どこかしらのサイトや本で見たのですが、携帯にメモしておいた文章なので、詳細はここに書けません、ごめんなさい。

・神経症はどこも悪くない。症状があってつらい、拒みたい、怖い、無くしたいと改善に努力する。これが症状を生み出す原動力になる。

・症状の改善は間違ったアプローチ

・存在しない妄想と対話するな

・神経症とは治療という強迫行為を生涯続ける病気

自分なりのあるがままを

不安になったらそれをどうにかしようと考えるのが人間だと思います。

でも、実はそれが神経症を強くしてしまっていると教えてくれた森田療法は、私にとって、とてもが画期的方法でした。

不安障害やパニック障害を完治させる方法は、他にも沢山あると思いますが、自分なりのあるがままを見つけて実践していくことは、とても有益なことだとわたしは思います。

スポンサーリンク
ブログランキング

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

記事がお役に立てたら2つのボタンをポチして頂けると励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ 

関連コンテンンツ(レスポンシブル)



Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.