レキソタン再減薬1ヶ月目の経過報告

一度、断薬に失敗し、再減薬をはじめてそろそろ1ヶ月が経ちます。
私の減薬方法は水溶液減薬です。

現在私が飲んでいる安定剤の服用量はレキソタン0.5mg/dayです。 長期型への置き換えを主治医に聞いてみましたが、置き換えは...

完全に離脱症状が収まっていない中での減薬スタートでしたが、今の状態は1ヶ月前よりも良い状態です。

自分自身の記録の為にも、1ヶ月目の経過をまとめてみたいと思います。

決まり文句で大変申し訳ありませんが、減薬や中止による不都合(離脱症状など)については責任を負いかねます。あくまで私の個人的体感によるものですので、ご了承頂き、記事を読んでください。

スポンサーリンク

服用している薬と量

私が飲んでいるのは抗不安薬のレキソタンです。
スタートの容量は0.5mg/dayをお昼に1回服用でした。
ベンゾ最強とも言われる安定剤ですが、なんとか最低限の量に抑えています。

減薬量と体調メモ

5/23〜5/31

0.475mg/day(47.5ml/50ml)
減薬率 95%
5/23〜5/26 朝の不安感が強すぎるが耐える。
毎日、息苦しさ、頭の締め付け、動機を常に感じるが、5/30から少し楽になる。

6/1〜6/7

0.45mg/day(45ml/50ml)
減薬率 90%
6/5 不安発作の大きな揺り戻しあり。
6/8 お昼に不安発作がでる。
朝の不快感は減少。しかし頭の締め付けや息苦しさがでている。

6/9〜6/11

0.425mg/day(42.5ml/50ml)
減薬率 85%
6/10に朝の動機が激しく出る
6/11より服用量を朝、昼、夕に3回に分ける
減薬を開始した当初より、やや全体的な離脱症状が軽減している印象

6/12〜6/17

0.4mg/day(40ml/50ml)
減薬率 80%
6/12 夕方胃が気持ち悪くなり、夜ご飯があまり食べれなかったが翌日復活。
6/14 19時頃不安発作がでたが、すぐに収まった。
6/15 服用回数を朝、昼、夕、夜の4回に分ける(血中濃度の安定の為)。
前週とあまり変わらないが、頭の締め付けが軽減している。

6/18〜6/20

0.39mg/day(39ml/50ml)
減薬率 78%
6/18 19時頃、不安発作あり。すぐに治る。
6/20 起き抜け筋肉痛あり。すぐに治る。お昼にだるさあり。
6/18に0.38mgまで減薬したが、不安発作が出たので、0.39mgでステイ。

結果1ヶ月で0.11mgの減薬

亀の歩みですが、この1ヶ月で減らせた量は0.11mgでした。
減薬スタート時は本当に減らせるか心配でしたが、全体でみると1/5減らせたので満足です。

まとめ

ゆっくり減薬することにより症状の悪化はしていません。
上の体調メモを見えもらえると分かるのですが、全体的に症状が軽減しています。

離脱症状がでても、日が経つにつれ治る時間が速くなっている印象です。
このまま無理をしないようにゆっくり進んでいきたいと思います。

また1ヶ月後に経過報告できればと思います。

再減薬の経過報告シリーズ

ベンゾジアゼピンの断薬に1度失敗した私が学んだこと

レキソタン水溶液減薬をスタートします!わたしのやり方をご紹介

レキソタン再減薬1ヶ月目の経過報告 5/23〜6/20

レキソタン再減薬2ヶ月目の経過報告 6/21〜7/20

レキソタン再減薬3ヶ月目の経過報告 7/21〜8/20

レキソタン再減薬4ヶ月目の経過報告 8/21〜9/20

 レキソタン断薬。再減薬5ヶ月目とその後の経過報告 9/21〜10/20

断薬1か月後

断薬2か月後

スポンサーリンク
ブログランキング

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

記事がお役に立てたら2つのボタンをポチして頂けると励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ 

関連コンテンンツ(レスポンシブル)



Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.