不眠や睡眠薬の減薬サポートに役に立ちそうなメンタルンサプリを紹介してみる

睡眠に関する記事も過去に何個か書いたのですが、私は以前、不眠症を患っており睡眠薬を常用していました。

そして睡眠薬を飲んでもどんどん眠れなくなってしまうという経験をし、眠れなくなってしまったのは薬のせいなんじゃないか?と思い、減薬をスタートしました。

その際、様々な不眠対策グッズや漢方に頼って減薬をすすめましたが、減薬の強い味方になりそうな「メンタルン」というサプリメントを見つけたので紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

不眠の原因は?

不眠の原因は下記のように考えられていることが多いみたいです。

ストレス、緊張
身体の病気
うつ病
薬や刺激物など
生活リズムの乱れ
環境
別の睡眠障害(睡眠時無呼吸症候群、概日リズム睡眠障害、レストレスレッグス症候群など)

引用 –フミナーズ

私の場合はもともとストレスによる胃腸障害から睡眠障害を併発しました。

その後、睡眠薬に頼りましたが、いつしか睡眠薬なくしては眠れなくなってしまいました。

私の不眠の原因は上の一覧で言うと「ストレス、緊張→薬」という流れだったのかな?と思います。

しっかり休息するにはセロトニンが大事

不眠症の方だったらセロトニンの存在はご存知の方が多いはずですよね?
不眠の原因にはセロトニンが大きく関係していると言われています。

セロトニンの役割

セロトニンは「幸せホルモン」と呼ばれており、気持ちを穏やかにしてくれたり、不安を抑えてくれる物質と言われていますね。

逆にこのセロトニンが不足すると、ネガティブになったりやる気がなくなったりすると言われています。

そしてこのセロトニンは睡眠にも大きな影響を与えていると言われており、セロトニンは夜になるとメラトニンと呼ばれる物質に変わります。

このメラトニンが深い睡眠を与え、体内の生活リズムを整えるとまで言われています。

セロトニンを増やすには?

この大事なセロトニンは努力次第で増やすことができる可能性が高いです。

セロトニンを増やすために必要なことをリストにしてみました。

  • 食事→セロトニンの原料となるトリプトファンを含んだ食べ物を意識する
  • 太陽光→日光はセロトニンを活性化させると言われている
  • 運動→適度な運動もセロトニンを活性化させると言われている
  • 睡眠→脳を休ませることもセロトニンを増やすには大事
  • 人と触れ合う→人と会って感情を動かすことによりセロトニンが増えると言われている

このような感じですかね?

抗鬱剤は人工的にセロトニンを増やす薬ですが、薬を定期的に飲んでいると、割と早い段階で薬なしでは脳が動かなくなるので、個人的は自分の努力でセロトニンを増やすことをオススメしたいと思います。

休息成分をうまく補給できるサプリを活用

私の経験上、一度不眠症(セロトニン不足)に陥ると、すぐに不眠症が治るのは結構難しいです…

しかし、いくらセロトニンが簡単に増やせるからと言って無理やり脳の化学構造を変化させてしまうような西洋薬にいつまでも頼るものもいかがなものかと思ってしまいます。

薬には頼りたくない…そういう方には、休息成分を上手く補ってくれるサプリメントを活用することをオススメします。

メンタルンをオススメする理由




私がメンタルンサプリをおすすめする理由は

安全性と成分内容がすばぬけて優れていると思うからです。

私がサプリを選ぶときは、価格とか関係なく、いかに安全か天然成分かが選定基準なので、そういった意味でおすすめしています。

メンタルンにはセロトニンの原料となるトリプトファンを含む12種類の天然休息成分が配合されています。

以下、その成分をまとめてみました。

①バレリアン
バレリアンは吉草ともいわれ、不安をやわらげ気持ちを穏やかにし、心地よい休息を促し精神を安定させるハーブと言われています。

②ラフマ
葉は「ヤンロン茶」としても有名で、セロトニンを変化させストレスなどの気持ちを和らげ働きかけます。日本では特定保健用食品に指定されています。

③イチョウ葉
イチョウ葉は、全身の血流を応援し、生命力の非常に高い樹木で、千年以上の寿命をもつといわれています。

④L-テアニン
テアニンは、緊張の中でもリラックスへ導き、疲れているのに寝つけない睡眠を質の良い休息へと促すことが期待できます。

⑤ギャバ
正式にはガンマアミノ酪酸(らくさん)と言うアミノ酸の一種で、不安を和らげるといわれています。

⑥タルトチェリー
サクランボの一種であるタルトチェリーには、メラトニンとアントシアニンが含まれています。

⑦葉酸
ビタミンB群に分類され、幸せホルモンと関係性があるといわれています。

⑧エゾウコギ
朝鮮人参と同じウコギ科に属し、イライラに対する抵抗力を強めるといわれています。

⑨クワンソウ
主に沖縄に自生していて、昔から休息できない時に食されていました。

⑩紅高麗人参
東洋医学では生薬として病気予防や改善にも役立てられている生薬です。

⑪トリプトファン
必須アミノ酸の内の1つです。セロトニン、メラトニンが促され、良い休息をもたらします。

⑫L-チロシン
細胞でのタンパク質生合成に使われる22のアミノ酸のうちの1つです。

トリプトファン以外にもリラックスを促す有名どころのイチョウ葉、テアニン、ギャバなどの成分も配合されており、体の休息を補ってくれる成分を網羅していると言えます。

口コミを見ると、こんなにもハーブが入っているので、すごいハーブの香りがするそうです(笑)。
でもそれだけ不純物が入っていない証拠みたいなので、なんだか安心できますよね。

あと私はサプリってどこで作られてるか分からないと不安で買えないのですが、メンタルンは国内生産出荷なので、そこも安心できるポイントだと思います。

サプリも生活改善も長く続けることが大事

不眠改善の為にサプリで休息成分を補うなら、徹底して長く続けることが大事だと思います。

1度や2度だけで不眠に効果がでるとは思いませんし、もちろんサプリだけでなく、セロトニンを増やす努力をなるべく日々続けることも大事だと思います。

何事も継続して続けることで体質も変化して、良質な睡眠に近づけるのではないかと思います。

「質の良い休息を求めるあなたへ」

睡眠に関する関連記事

不眠対策に役立ったグッズをまとめて紹介します

わたしが思う副交感神経に良いこと5選

睡眠薬をやめたら睡眠時間が伸びた話

「眠りたいけど眠れない」考え方の癖を直して眠る方法

不眠や睡眠薬の減薬サポートに役に立ちそうなメンタルンサプリを紹介してみる

ブログランキング

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

記事がお役に立てたら2つのボタンをポチして頂けると励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ 

スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.