わたしとは?

スポンサーリンク
わたし
はじめまして 🙂 不安障害をかかえていた「わたし」です。

プロフィール

・1986年生まれ
・東京在住
・既婚
・2016年8月末から胃腸障害をきっかけに不安障害になりました。
・2017年2月に急な減薬による離脱症状&不安障害で退職→無職(主婦)→在宅ワーク→2017年7月よりアルバイト開始→2017年10月にフルタイム復帰
・主人からはプロフ画像に似ている(笑)と言われました。ちなみにチャームポイントは太眉です。

不安障害の経緯

不安障害へのきっかけ

2016年8月、お盆も終わり、東京に帰省したころ、突然首のリンパが晴れていることに気がつきました。
お腹の調子は悪かったのですが、特に風邪などもひいておらず、急いで病院に。
いつも行っている耳鼻咽喉科がお盆明けでお休みだった為、唯一空いていた少し遠めの病院にいきました。
エコー検査は問題なし、しかし、血液検査の結果「白血球が増えている、細菌感染かも」と言われパニックに陥りました。悪い病気を想像し、不安が募り大学病院へ再検査へ。エコー検査は問題ありませんでしたが、私の不安はなかなか払拭されませんでした。

胃腸障害へ発展

心配な日々が続き、食欲が落ちてきていました。そこへ、再度別のリンパが腫れてしまったのです。幸い2日程度で引いたのですが、四六時中リンパの腫れが気になり、それとともに食欲が落ち、食事がとれなくなってしまいました。ある日突然、胃が締め付けられるようにいたくなり、救急で病院へ、胃カメラをするも全く問題なし。困惑する日々が続くのでした。

心療内科の門を叩く

2016年9月中旬、食欲が戻らず、睡眠もとれなくなってきた為、はじめて心療内科に訪れました。そこで精神安定剤のレキソタン、睡眠薬のレンドルミンが処方されます。胃腸内科で胃腸薬や漢方を数種類飲んでいましたが、やめて安定剤を飲むように指示されます。

胃腸障害から不安障害へ

食事がなかなかとれず痩せていってしまうことへの恐怖、食べなきゃという脅迫観念が意味もわからず強くなり、無理やり食事を食べるようになりました。徐々に胃腸障害は収まるものの、食事への緊張から不安発作がおきるようになります。
頓服の安定剤の常用がはじまり、睡眠薬も毎日飲み始めました。

精神薬への依存がはじまる

2016年10月中旬頃から「食事の前に不安になる」から「意味もなく不安になる」に変わってきました。
11月に入るとより顕著になり、「飲むと安心」から「飲まないと不安」に変わりました。
精神薬への依存も知らず、飲み続けることになるのです。

薬に疑いを持ち始める

意味のわからない不安発作や、睡眠薬を飲んでいるのに睡眠時間が戻らないこともあり、薬のせいでおかしくなってるのではないか?と疑いはじめました。

病院が変わる

私が通っていた病院は心療内科というより内科に近い病院でした。2016年11月中旬、先生との歯車がちょっとおかしいなと思いはじめ、薬を減らしたい気持ちもあったので系列のメンタルクリニックへ転移しました。
そこで「不安障害」とはじめて診断がつき、ベンゾ系の薬を減薬の方向に、SSRIメインの治療になり、レクサプロが処方されました。

認知行動療法により食事の不安が改善

心療内科の先生のすすめもあり、認知行動療法をはじめます。時間はかかりましたが、徐々に食事への不安が解消されていきました。

減薬から断薬へ

2016年12月には安定剤、睡眠薬、SSRIを処方されていました。まず睡眠薬がフルニトラゼパム2mgまでの高容量になていたので0.5mgずつ削りはじめました。
2017年2月末で完全断薬しました。
安定剤のレキソタンは一日1mg〜2mgでしたが、なかなか断薬できず、2017年1月末からメイラックスに置き換えて減薬。2017年3月中旬に断薬します。
SSRIのレクサプロですが、私には効果があるかどうかがはっきりとせず5mg→2.5mg→1.25mgでこちらも3月中旬に断薬。

離脱症状と再服用

減薬をはじめた2016年12月頃から離脱症状が発生していました。良くなったり悪くなったりを繰り替えしながら自分のペースで減薬をしていましたが、最後の減薬に焦り、2017年3月中旬の完全断薬から1ヶ月半苦しい離脱症状が現れました。このままだと生活も難しいと判断し、2017年5月よりレキソタンの再服用をはじめました。現在ソフトライティングで断薬へ向けて進行中です。

断薬し日常へ

2017年5月1日にレキソタンを再服用し状態を最低限安定させて、そこから水溶液減薬で丸5ヶ月かけて2017年10月4日に断薬しました。
特に大きな離脱症状もなく断薬でき、水溶液減薬中に仕事への復帰も果たしました。

ブログをはじめたきっかけ

もともとweb関係の仕事をしていましたが、不安障害をきっかけに退職しました。
幸い結婚していたこともあり療養をしていたのですが、私の中で「断薬」がただの目的となってしまい、そのことばかりを考え、普通の生活へ戻ることを忘れてしまっていました。
私が体験した経験を、同じような境遇の方へwebの力で発信し、何か力になればと思いブログを開始しました。
現在は断薬し、仕事も復帰し、マイペースに暮らしています。
このブログは不安障害に関連することが主ですが、ブログ運営や趣味のことも書いたりしています。

わたしのポリシー

このサイトで書いている記事は、不安障害になり、実際に経験したことをもとに書いています。
アフィリエイトには参加していますが、内容に嘘偽りは書いていません。そもそも嘘は嫌いです。

商品リンクの注意事項

当ブログではAmazonなどのアフィリエイトリンクを掲載しています。商品の購入方法や詳細情報についてはリンク先の各店舗でご確認下さい。商品購入に関するトラブルについては当ブログでは責任を負いかねますので予めご了承下さい。

Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています

「danyakulife.com」ではAmazonアソシエイト・プログラムに参加しています。
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムです。

Google Adsenseに参加しています

「danyakulife.com」では広告としてGoogle AdSenseを使用しています。
Google Adsenseはデータを収集するために、Cookieなどを使用して広告配信をしています。

Cookieを使用することにより、インターネットにおけるご自身のサイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいてユーザーに広告を配信することが可能になります。

情報提供を望まない場合は、Googleのポリシーと原則のページより、Cookieオプションを使用しないように設定することができます。

使用しているアクセス解析ツールについて

「danyakulife.com」では、Googleによるアクセス解析ツール「Google Analytics」を利用しています。
「Google Analytics」はトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。

免責事項

当ブログをご利用になったことで生じたいかなる損失・損害については、当方では責任を負うものではありません。予めご了承ください。

また減薬の量やペース、減薬の順番などの個人的なご相談はお答え出来かねます。減薬ペースは本当に人それぞれなので、ご自身にあう方法を手探りで見つけていって下さい。

スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.