ベンゾや精神薬の危険を訴えるだけの人に言いたいこと

リンク広告ユニット(レスポンシブル)




今日はちょっと言いたいことを書きます。
ここは私のブログなんで、たまには愚痴ってもいいですよね?

*決まり文句で大変申し訳ありませんが、減薬や中止による不都合(離脱症状など)については責任を負いかねます。あくまで私の個人的体感によるものですので、ご了承頂き、記事を読んでください。

スポンサーリンク

減薬や断薬は焦る必要などない

このブログは精神薬(特にベンゾ)の減薬に関する内容が多いですが、それは、私の場合は薬をやめなくてはいけない理由があり、さらに自分の減薬スピードが速くて、離脱症状なるものを経験したからです。

なので特別に減薬を進めている訳ではありません。自分は薬が必要ないと感じただけで、必要な方はいらっしゃると思っていますし、薬をどうするかはご本人が決めることだと思っています。

離脱症状に関しても、私は経験しましたが、症状も人によって大なり小なりですし、うまくお薬をやめて感じなかった方も知っています。

なので本来、減薬や断薬なんて、特に理由がない限りは焦る必要はないんです。

本当に知るべき情報は安全な減薬方法だけ

ベンゾや精神薬の怖さを感じたら、まず調べるのはネットの世界。
私はそこで依存に関する様々な怖い情報を見て愕然としました。

「依存する」「やめると離脱症状が出る」「ベンゾのせいで人生が狂った」など。

そこからず~~っと薬に恐怖を感じながら過ごすことになりました。
そしてその気持ちが、短期服用だった私の減薬スピードを加速させました。

そして離脱症状が起きました。
「あぁ…ネットで書いてあったことと同じことになってしまった。もう離脱症状が治まらなくて、このままおかしくなるのだろうか…」
絶望でした。

そして、離脱症状を極力少なく、日常生活を送りながら断薬をした方や減薬をしている方のブログをしっかり読み、離脱のメカニズムを理解しました。
希望が見えました。

そして、微量減薬である水溶液減薬にして立ち直りました。
今は普通の生活をしています。

私にとって必要だった情報は「安全な減薬方法」。
ただそれだけでした。

今でも薬の危険を煽る情報を見ると、イライラします。

ベンゾや精神薬の危険を訴えるだけの人に言いたいこと

ベンゾが危険だ!!という情報をアップしているだけで、具体的な解決策を見い出してもくれない情報をあげるひとが沢山います。

正直言って、本当に勘弁してくれと思っています。

ベンゾが危険という情報をシェアしただけで、当事者にとって何がプラスになるのでしょうか?
それで不安な気持ちになっている方が大勢いらっしゃいます。考えたことがあるのでしょうか?

これからきっと、ベンゾビジネスでも始まるんじゃないかと懸念しています。
せめて私のブログを読んでくださっている方だけでも、そのような情報に惑わされて欲しくないと願っています。

ベンゾや精神薬は必ずいつかやめることができます。

しかし、それは安全な方法で止めるべきです。

本当にゆっくり、亀のようなペースで、体調と相談しながら無理なく減らしていけば、いつかは絶対ゼロになるんです。

依存に焦って、無理して断薬してもただただしんどいだけです。
だから不安な情報を見ても決して焦らないで下さい。慌てないで下さい。

そして、不安を煽っている方は、まともな方なら、今一度自分自身を見つめなおして頂ければと思います。

スポンサーリンク
ブログランキング

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

記事がお役に立てたら2つのボタンをポチして頂けると励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ 

関連コンテンンツ(レスポンシブル)



Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.