ベンゾジアゼピンを断薬して1ヶ月後のわたし

リンク広告ユニット(レスポンシブル)




最後の精神薬だったレキソタンを断薬して1ヶ月経ちました。

体感としては

思ったより早かった

の一言に付きます。

断薬1ヶ月経過した様子をまとめてみようと思います。

*決まり文句で大変申し訳ありませんが、減薬や中止による不都合(離脱症状など)については責任を負いかねます。あくまで私の個人的体感によるものですので、ご了承頂き、記事を読んでください。

スポンサーリンク

断薬後1ヶ月の体感

レキソタンを断薬した際に、その後2週間の様子も書いたのですが、断薬2日後までは割と離脱を感じました。

しかし、その後大きな離脱症状はさほど感じてませんし、薬も一度も服用していません。

なので、自分の中で仮の断薬成功としました。

最近は、割とよく出ていた軽い頭のつまりのようなものも少なくなってきた気がします。
なので、頭がよく回転するようになりましたw

ただ、ちょっとした不安感?焦燥感?みたいなものはたまにぶり返すことがあるのですが、ほんと軽いので一瞬で消え去ります。
これに関しては酷いヤツを何度も過去に経験しているので、もう怯えることも何もありません。
もはや受け流すのはプロ級なのかもしれませんねw

そして、わたしの中で劇的に変わったのは食欲です。

減薬のストレスがなくなったせいなのか、食べても食べてもお腹が空くようになりました。
なので、今はもう食べたいだけ食るようにしちゃってます。太ってなんぼです。

離脱症状ですが、もう何が離脱なのか、よく分からなくなってきました。
恐らく、まだ自律神経失調症になることもあるのでしょうけど、いつまでも離脱のせいにして引っ張られるのもどうかな?と最近感じるので、敵視すること無く、あとはもうなくなるまで付き合っていくというか共存していくイメージでいようと思っています。

どちらにしても、もう2度と精神薬は飲みません。

断薬後1ヶ月間の仕事

仕事も断薬したからといって、1日も休んでいませんし、早退もしてません。

むしろ休日出勤に駆り出されたり、出張にいったりしています。

私の場合は仕事をしているほうが、時間や症状を忘れるので、ほんとに仕事復帰しといて良かったなと今は思っています。

きっと水溶液減薬じゃないと仕事復帰もできなかったと思うので、やっぱり個人的には水溶液減薬に感謝しています。

薬のない生活

今まで水溶液減薬で4回に分けて服用していたので、ほんと手間がなくなって楽になりました。

断薬した当初は何となく薬を飲む時間帯はそわそわしたような気持ちになった気がしますが、いつの間にか忘れました。

断薬して思う減薬の鉄則

減薬中は先が見えないような気がすることもあると思いますが、必ず時間はかかってもいつか終わりはやってきます。

何度も書いていますが、減薬は目的ではなく手段でしかありません。

日々を大切に、日々楽しく。

身体に無理のない範囲で超超微量減薬すれば、気づけばそのうち終わります。

減薬の方法は沢山ありますが、心が折れないことが鉄則です。
捉われから離れて、日々、外に目を向ける努力をすることをおすすめします。

再減薬の経過報告シリーズ

ベンゾジアゼピンの断薬に1度失敗した私が学んだこと

レキソタン水溶液減薬をスタートします!わたしのやり方をご紹介

レキソタン再減薬1ヶ月目の経過報告 5/23〜6/20

レキソタン再減薬2ヶ月目の経過報告 6/21〜7/20

レキソタン再減薬3ヶ月目の経過報告 7/21〜8/20

レキソタン再減薬4ヶ月目の経過報告 8/21〜9/20

 レキソタン断薬。再減薬5ヶ月目とその後の経過報告 9/21〜10/20

断薬1か月後

断薬2か月後

スポンサーリンク
ブログランキング

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

記事がお役に立てたら2つのボタンをポチして頂けると励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ 

関連コンテンンツ(レスポンシブル)



Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.